排水のつまりには薬剤を使ってみるのも良い

排水のつまりには薬剤を使う

排水のつまりには薬剤を使う 毎日の家事をしていて、普段通りにしているつもりでも、時として排水がつまり困ってしまうことがあるものです。
その原因は何も特別なことではないとしても、日々の汚れが溜まってしまったにすぎず、それだけ掃除もしていなかったということです。
排水溝は配管に通じている道であり、個体のようなものを中に落としてしまうと手の施しようがなく、結局専門の業者に依頼することになります。
しかし、通常の生活で溜まった汚れであれば、応急処置として素人ができることといえば、市販で売られている薬剤を使用することで収まります。
お店で売られている薬剤は粉であったり、あるいは個体である場合が多いのですが、それを排水溝に入れて指定の時間まで放置しておきます。
その後、排水溝や配管に適当に水を流すことで、汚れが剥がれて水とともに流れていきます。
現在は、便利な商品がいろいろ出回っているので、プロの業者を呼ぶまえに、自分でできる応急処置を試してからにしたいものです。

排水のつまりは排出口にたっぷりな重曹をかける

排水のつまりは排出口にたっぷりな重曹をかける 排水口のぬめりは最も衛生的に気になるというアンケート結果が出ています。
ついついゴミや油汚れをそのままにしてしまう事があります。
これは後々配管のつまりに繋がってしまいます。
排水が詰まると臭いもすることになりますし見た目が不潔な感じになってしまいます。

このような事態を回避するためには、重曹とお酢を使った簡単なお掃除法があります。
あまり手を汚すこともないので気軽に掃除をすることができます。
用意するモノは、歯ブラシ・ゴム手袋です。
排水口のカバーを外してゴミ受けのゴミを捨てます。
排水口のカバーとゴミ受けを洗います。
たっぷりとした重曹を開口部に落とし込みます。
量が少ないと洗浄効果が出ませんからたっぷり振りかけるのがコツです。
開口部にお酢を流し込んでやります。
お酢をかけるとシュワシュワしてきますのでそれぐらいで止めておきましょう。
このまま5分から30分そのままにしておいてください。
最後にお湯をかけておしまいです。
つまりは解消しているはずです。