排水のつまりについて知っておきたいこと

トイレの排水のつまりの掃除の仕方

トイレのつまりの掃除 トイレの排水がつまってしまった時には、つまりの原因を突き止めることが大切です。間違ってものを落としてしまったり、トイレットペーパーがつまってしまったなど、原因がわかればそれに対して対処することができます。
普段何気なく使用しているトイレのつまりは、軽度の場合は、S字に曲がった管に異物がつまってしまい、水が流れなくなっている状態です。ただ、重度になると排水管の奥や浴室の排水管との接合部分でつまりが起こってしまっているため、素人ではなかなか対処できない状態になってしまいます。
異物を誤って流してしまった場合は、形状によってラバーカップを使用することで、取り除くことが可能ですが、かえって奥にいってしまい、とれなくなってしまうこともありますから、できれば業者に連絡をして取り除いてもらった方がよいでしょう。
もちろん、重度の症状の場合も、個人で改善するのが難しいので、できるだけ早く業者に連絡して被害を拡大させないようにすることが大切です。

お風呂の排水溝がつまり、水が流れない時の対処法

お風呂の排水溝がつまり、水が流れない時の対処法 お風呂を使っていたら水が詰まり流れなくなったり、排水口から水が逆流してきて大慌て。主な原因は髪の毛や石鹸かす、垢などの汚れが少しずつ蓄積して詰まり、流れない状態になっているのです。
お風呂の排水口のつまりは、軽度な場合と重度な場合があります。水が流れない場合、一般的な対処法は市販のパイプクリーナーを使用すれば、軽度な場合はほとんどのつまりを解消できます。パイプクリーナーを使用しても効果が出ない場合は、パイプクリーナーが届いていないことが考えられます。
また蓄積した汚れが硬くなり市販のクリーナーでは分解できない場合や汚れ以外の固形物が詰まっていることも考えられるのです。排水トラップを外して、異物が詰まっていないかを確認してみましょう。お風呂場の詰まりでも、トイレで使うラバーカップ(スッポン)が便利です。
トイレで使用しているものを使うのは、流石に抵抗があるので、お風呂用を用意するのが良いでしょう。ラバーカップを排水口にかぶせて押し戻すことをくり返し、汚れを引き抜くように使います。汚れが浮き出してきたら、シャワーで流すのです。
つまりが解消できたら重曹とクエン酸を使用すれば、さらにきれいに汚れを落とし、臭い対策にもなるのです。