排水溝のつまりは掃除で直せる?

排水溝のつまりは掃除で直せる?

排水溝のつまりは掃除で直せる? 排水がうまく流れなかったり、水が逆流してしまう場合は、排水溝のつまりが主な原因です。
汚いからと敬遠していたり、髪の長い方は短期間でもお風呂の排水溝は詰まりやすいものです。
定期的に掃除をしていれば、そんなに汚れもたまらないですし、ゴム手袋を使って直接手にぬめりが触れないようにすることで、ストレスは大分解消されます。
排水溝のカバーを外し、ごみ受けをはずすと、大抵はつまりの原因がそこに付着しているので、洗剤等を使ってきれいに洗い流しましょう。
掃除の最後に流し込むタイプの洗剤を使えば、奥まできれいにできます。
そこまでやってもつまりが解消されない場合は、ずっと奥のパイプに何かが詰まっていることが考えられます。
手では届きませんし、下手に器具を使っても一層悪化する危険性があります。
素直に業者に依頼しましょう。
素人が下手に手を出さずに、プロにお願いするのが一番の解決策です。
普段の掃除を心掛ければそこまで多い頻度ではありませんし、メンテナンスの意味も込めて業者にお願いするのが得策です。

キッチンの排水溝のつまりを防ぐ為にすべきこと

キッチンの排水溝のつまりを防ぐ為にすべきこと キッチンの排水口は、油汚れのこびりつきや食材くずが原因でつまることがあります。
つまりを防ぐためには、こういったものを排水溝に流さないように注意することが大切です。
揚げ物に使用した大量の揚げ油を直接排水溝に流す人はそういないと思いますが、鍋やフライパンに薄く残った油はそのままざっと水で流してから洗うという人は、意外といるのではないでしょうか。
少量の油でも毎日のように流していると、次第に蓄積していき、つまりの原因となります。
洗う前にティッシュやぼろ布でしっかりとふき取るようにしましょう。
フライパンなどの底にこびりついた料理カスなどもきっちりとこそげおとしておきましょう。
また、調理中に出た食材のくずなども流さないように注意しましょう。
まな板で野菜を刻んだ後のカスなどは、意外とそのまま洗い流してしまうものですが、細かいものは排水口にかかっているカゴをすり抜けて下に流れていくため要注意です。
流す前にキッチンペーパーなどでふき取るといいでしょう。
定期的にパイプ汚れ専用の洗浄剤を使用することもつまり予防に効果的です。