排水のつまりについて知っておきたいこと

排水溝のつまりが原因で水が逆流したときの対処法

水が逆流したときの対処法 お風呂や洗面所、台所などの排水溝の流れが悪いなと思ってしばらく使っていると、つまって逆流してきてしまうことがあります。こうなると慌ててしまいます。水回りは使えなくなると、生活していく上で支障が出るため、なるべく早くつまりを解消する必要があります。
本当はこんなになってしまうまで放置せずに、定期的に排水溝の掃除を行っていくことが大切なのですが、過ぎてしまったことを悔やんでも仕方がありませんので、対処法を考えていきましょう。
まずは、排水溝には、トラップというゴミがたまる部分がありますが、ここにゴミやお風呂場の場合は髪の毛、石鹸かすなどがたまったことによって雑菌が繁殖し、ぬめりを発生します。それにより、さらに髪の毛などが絡みついて大きな塊になっていることがありますので、これらを細い棒などで取り出していきます。
それだけでも大分つまりは解消されていきますが、それでもだめな場合は、パイプ洗浄剤を流し込んで様子を見てみましょう。

排水がつまり、水が流れにくいときにすべきこと

排水がつまり、水が流れにくいときにすべきこと 浴室や台所、トイレ、洗濯機などの水回りの排水は髪の毛や小物、ひどい汚れなどで排水が詰まってしまう可能性があります。
水が流れにくいなどの、症状がでた際にすべきことは、賃貸マンションの場合は管理会社に連絡をすることです。自己流で排水口などをいじってしまうと、余計につまりをひどくさせたり、傷をつけてしまう場合があります。戸建てや、所有のマンションの場合には、専門の業者に連絡をすることをおすすめします。
24時間対応を行っているところも多くあり、即座に対応が可能です。真空式のパイプクリーナーを使って詰まりが解消するようであれば、自分で対応してみるのも良いでしょう。
また、専用の液体を排水口から流し込み、つまりの原因となっている髪の毛や汚れが溶け、流れる場合もありますので試してみるのも良いでしょう。
詰まりが発生しないよう、日常生活を送る上では、髪の毛や、小さなものを落とさないようにすることがポイントです。